正義の変身スーパー少年ヒーローの小部屋
  thank you ACCESS
      (開設2007.Feb.22nd)

◎ 普段は無力でも事件が起こると無敵の正義の超人に
変身する少年のピンチを賞味する極めてマイナーな嗜好の
小説や雑感等を書きつくねて参ります。
  初めの認証画面の繪の18禁妄想小説『鉄腕ボーイ』へは
下記 クリックで♪ 第杵第僅第系第枯第肱

 但し、お読みになった後で“(*゚Д゚)何だこれは”と怒らないで
下さいね(^^;)。それから、以下の作品たちもクリック宜しく♪
  
『超少年神アドォニス(未完)』
  『虹色の閃光ティーン☆ワンダーー(全2話)』

  『ウルトラエンジェルの“最期” “反攻(未完)”』 
  『超人ダイナミックボーイの冒険【前編】【後編】 』
  『≪續≫【前編】
【後編】 』  

 ☆ 尚ここで活躍する自作少年ヒーローの年齢設定は18歳としていますので念の為お断り申し上げます。
 
 
 

御挨拶

  1. 11:02:04
 
 此方にて拙ブログの発表の場を提供して下さっていた
DTI様が、今般12/17でサービス停止となり、当方
ブログも同日付けで閉鎖することとなりました。

 無料でのサービスだったので、致し方ないとはいえ
6年半余りのここの歴史に幕引きするのは矢張り
少なからぬ感慨があります。
 他のブログサービスへの引っ越しについてなのですが、
元々私はパソコンとインターネット操作に疎く、スタイル
シートの再設定等も結構気の遠くなる作業となり、現在
更新もほとんどしていない状況も鑑み、継続を断念する
こととしました。
 これまで、見よう見まねで、現行ブログフォーマットを
修正変更維持していくだけでも、自分的には大変だったの
です。
 
 ただし、巨大なイラストサイトPIXIVで同じ
ハンドルネームで、過去ヘタレ小説やトホホ絵を
アップしているので、全く活動停止というわけでは
ありません。

 ただ、庵之雲氏や、故 橘まひこ氏ほか、一部の熱心な
愛好家殿とのレトロ少年ヒーロー談義や、レトロ少年
ヒーロー記事がインターネット上から消えるのは惜しく
寂しいなとは思っています。
 ネットの世界ではこの種のジャンルの熱い語り合い、
作品紹介が、皆無なので…

 とにもかくにも取り急ぎ、御連絡告知致します。
 更新さっぱりの此方を今も時々リピート訪問
下さっていた方々には、あらためて厚く御礼を申し
上げる次第です。

                      以上 


 
 
 
 

褐色の少年神

  1. 23:35:13

 ↓ は、サークル:ピシュ☆ラバ甘竹朱郎さまの手になる “ 薄い本 ”
『かわいくってせいぎ』の美少年変身ヒーロー『魔法少年ネフェルティ』。
 少年、堀須寧斗クンが、「考古学者の父親から贈られたアイテムで
変身し凶悪な性犯罪と戦う・・・」 お話なんですが、いやあ、参りました。
(_ _,)/~~ 降参。

 「可愛い過ぎって」というのはあるのですが、これほどエロティックモードの
少年ヒーローには初めてお目にかかった気がします。
 所謂男の娘タイプで、好みは分かれるでしょうが、健全系でない、このような
妖艶淫靡系は極めて貴重。
 拙オリジナルSSキャラの「鉄腕ボーイ」や「アドォニス」も普通の少年が
古代の秘宝に宿る力を借りて際どい格好のスーパーボーイに変身する話なので、
それが綺麗な画で具現化したのを目の当たりにした思いがしました。
 以前、嶋田尚未女史のBL漫画『デザートムーン』を本邦初のそっち系変身
少年ヒーローとして紹介しましたが、あの針金のような肢体の少女漫画的美少年
に比べて肉感的な艶っぽさが流石に段違い。
 以下、他Blog様でも紹介されている共通サンプル画像をもう少し御紹介。
(本件「引用紹介」ですが、問題が有る場合は直ぐ消去致します。)

>>  [  褐色の少年神  ]  の続きを読む

 
 
 
 

ハィパァ=ボーイ惨死

  1. 15:40:28


 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
( PIXIVに去年夏アップした自作SSの転載です。
年明け早々何もしないのもアレなので。 )



「危ないッ!、琉川(るかわ)さんッ、後ろに下がってて!」

 若き麻薬Gメンを庇ってマフィアたちの銃撃の弾幕を一身に受け止める
正義の少年。
 青年とギャングの間に仁王立ちになる彼の胸、腹に無数の弾丸が直撃。
だが、ノースリーブのレオタードとブーツ、頭にバンダナを纏った玲瓏な
少年の肢体には擦り(かすり)傷一つ付いていなかった。
 彼の名はハィパァ=ボーイ。どこからともなく現れて、小さく華奢な
少年体型ながら、銃火器にも全く平気な強靱な体で怪力を発揮して、
街を脅かす悪を打ち倒す謎のスーパー美少年。
 
 「ははッ、こんな物、蚊に刺されたほども感じないッて。」

 不敵な笑みを浮かべ少年はスラリとしたボディをペチペチと叩いて自身の
不死身を見せつけた。少年バレエダンサーのような均整のとれた無駄の無い
ボディを覆うレオタードは非常に薄地で、その優美にほっそりとした肢体の
鎖骨、腹筋を艶やかに浮かび上がらせている。
 レオタードの臀部はTーバック状で、下肢にはサポーターを纏わず、ブーツ
を履いている以外は素足が剥き出しだが、その体毛は極めて薄い。真っ白な太股、
スネ、脹ら脛(ふくらはぎ)が女性水着モデル顔負けの艶めかしさ。
 少年は目の前の悪漢二人に素早くキック、パンチを繰り出して瞬殺。少し
距離を置いている残りのギャングたちを睨めつけ指を指し、言い放つ。
 
 「さあ、一人残らず刑務所送りだッ」

 少年ヒーローが両手指をポキポキ鳴らして相手に迫ろうとした瞬間、
後ろから野太い制止の声。

 「おおっと、そこまでだ。動くな。」

 振り向くハィパァ=ボーイ。背後に向けた視線の先には、こめかみに
銃口を突きつけられた青年麻薬捜査官 琉川玲二(るかわ れいじ)の姿が。

 「琉川さんッ!!」

 「こいつの命が惜しかったら、もう暴れるのは止せ。」

「ハィパァ=ボーイ、俺に構うな、こいつらを一網打尽にしてくれッ」

 「お前は余計な事を言うなァッ!!」

 琉川を人質にしたギャングが、突きつけた拳銃のグリップで強く青年の
頭部を一撃。呻く青年。

 「止めろォっ!!!、・・・判ったよっ、大人しくする・・・」
 
 ギャングたちは抵抗できないハィパァ=ボーイの上半身を鋼鉄のロープで
グルグル巻きにし自由を奪う。

 (こんなの、その気になれば直ぐ引き千切れるけど今はあの人の安全が優先・・・)

 「聞き分けのいい坊やだ。よしッ、そのまま此処にケツ向けて四つん這いになれッ。」

 「?!!何ぃッ」

 「言うことが聞けんのか?」

 「・・・」

屈辱に顔を赤らめ、上半身を縛られた状態でしぶしぶ恥辱のポーズをとる
少年スーパーマン。マフィアの頭目はハィパァ=ボーイの尻を撫でさする。
大きな二個の熟する前の固い水蜜桃のような、染み一つ無い薄桃色の生ま尻。
悔しそうにビクリと体をヒクつかせる少年。

 「ヒュゥ〜ッ♪ 小ぶりだが、女よりずっと色っぽいケツしてやがる。
  おいッ、こいつのお陰で捌き損なったブツを一つこっちに寄越せ。」

 

>>  [  ハィパァ=ボーイ惨死  ]  の続きを読む

 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ